このページはBWAYのソフトテニススタッフの独断と偏見で構成されています。この記事についての賛否は御容赦下さい。
★☆★ 練習方法 ★☆★
●グリップの持ち方●
 まず、ラケットを地面に置いてください。そしてシャフト(持つ所と面を繋いでいる棒状の所)と人差し指が重なるように手をパーにして置いてください。グリップ(ラケットを持つ所)まで下にずらしてもらったら、人差し指はそのままでグリップを握ってください。人差し指以外握った後で、最後に人差し指を添える感じで握ります。 これが基本的な握り方です。
●待球姿勢
 ラケットを握って直立してください。右利きの方なら右手でラケットを握っていますよね?その反対の手でシャフトの一番面に近いところを持ちます。シャフトが2本に分かれているラケットの場合は三角形に穴が開いているところを持ちます。そのまま胸の前までラケットを持ってきます。そして、しんどくない程度に膝を曲げます。軽くでいいです。 ラケットの先が下がらないようにしてください。
●打ち方:フォアーハンドストローク
 右利きの方なら、自分の体より右側に来たボールを打つ時のうち方です。(左利きの方なら体より左側に来た時の打ち方です)まず、待球姿勢でボールを待ちます。待球姿勢は正面を向いていますが、フォアーハンドストロークは自分の体より右に来たボールを打つうち方なので、右に半身になってください。ラケットを引いてもらい、少し膝を曲げ、腰を落としてください。コレがフォアーハンドの構え方です。その構えから打つのですが、次の順に打ちます。
 右足に体重を乗せる→徐々に体重を左足に移動させ、同時に腰も動かす→肘が出てきて→ 手首が遅れてついてきて→最後にラケットが来る
 言葉だけではイメージしにくい方は、野球のサイドスロー(横投げ)をイメージしてください。野球は手にボールを持っていますが、テニスはラケットを持っている。体の使い方に関しては、ただそれだけの違いなんです。


TOP